[ 化学・金属・繊維 ]

スリーエムジャパン、ハーネス型安全帯と命綱開発 墜落事故減

(2017/10/12 05:00)

  • ハーネス型安全帯

  • 命綱

スリーエムジャパン(東京都品川区、スティーブン・ヴァンダー・ロウ社長、03・6409・3800)は、日本市場向けに機能性と快適性を高めたハーネス型の安全帯とランヤード(命綱)を開発した。高所作業で相次ぐ墜落・転落事故を減らすため、厚生労働省がハーネス型を安全帯の規格に追加した。これを追い風に、国内で普及している胴ベルト型からの切り替え需要を取り込む。

8月に発売した安全帯に続き、11月に命綱を発売する。ハーネス型の安全帯は胴ベルト型に比べ、墜落・転落時に自然な姿勢を保てる。また身体への圧迫が少ないため、内臓の損傷を低減できるという。実勢価格は仕様違いの2種類で安全帯が2万7000円と2万9000円、命綱が1万6000円と2万2000円。

米3Mの安全帯・命綱は国内では重い、かさばる、作業しにくいなど不評だった。こうした意見を踏まえて、日本市場に沿った設計に変更した。安全帯は柔らかいベルトの採用やサイドを縫い付けないなど工夫を凝らし、装着感を向上。命綱も部材を見直すことで重さを従来比半分の1・1キログラムとしたほか、伸縮式にして使い勝手を高めた。

民間調査会社によると、国内の墜落防止用製品市場は足元で130億円規模。このうち胴ベルト型安全帯は93億円、フルハーネス型は7億円とされる。

スリーエムジャパン安全衛生製品事業部の浅野剛事業部長は「政府の後押しでハーネス型は大きな伸びが期待できる。20年ごろには胴ベルト型と逆転するのでは」と見ている。

(2017/10/12 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン