[ 自動車・輸送機 ]

マツダ、次世代小型車向けボディー 超ハイテン比率大幅拡大

(2017/10/12 05:00)

  • 次世代小型車向けボディー

【広島】マツダは2019年に市場投入予定の次世代小型車向けボディーで、超高張力鋼板(超ハイテン)の使用比率を大幅に高める。引っ張り強度が780メガパスカル以上の鋼材の質量比率は、現行の18%から45%に拡大。特に同980メガパスカル以上の「ウルトラハイテン」は9%から36%と大幅に増やす。高強度な鋼材を増やしてボディーを軽量化し、燃費性能の向上につなげる。

ウルトラハイテンの内訳は、同1180メガパスカル級鋼板が現行車0%から17%、同1310メガパスカル級鋼板が同じく0%から5%となり、新規採用を大幅に増やす。同980メガパスカル級は現行車の3%から8%となる。これらはいずれも冷間プレス部品。

同1500メガパスカル級以上となると熱間プレスする必要がある。これらホットスタンプ材の比率は6%で変わらないものの、現在のBピラーと前後のバンパー補強材に加え、床面前部の左右に配置する通称「スキー板」と呼ぶ補強材にも適用する。

マツダは複数の車種の構造をあらかじめ共通化した上で、車種ごとに共通する部品と異なる部品を切り分けて設計する「コモンアーキテクチャー」と呼ぶ手法をとる。

新しいボディーは次期「アクセラ」から採用するもようだが、スポーツ多目的車(SUV)などほかの車種にも適用を広げるとみられ、マツダのハイテン使用量は大幅に増える見通しだ。

(2017/10/12 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン