[ 機械 ]

9月の工作機械受注、最高更新 45%増の1493億円

(2017/10/12 05:00)

日本工作機械工業会(日工会)が11日発表した9月の工作機械受注実績(速報値)は、前年同月比45・3%増の1493億9600万円と、統計開始の1963年以降の最高額になった。内需が同34・2%増の610億7000万円で27カ月ぶりに600億円を上回った。自動車を中心に「大手だけでなく、中小企業も投資に動いている」(日工会事務局)と規模、産業分野にかかわらず広く設備投資が進んだ。

従来の最高は、15年3月の1474億円だった。内需は8カ月連続プラス。トヨタ自動車の新しいプラットフォーム(車台)や内燃機関、変速機関連の設備投資が活発だったとみられ、18年まで継続するとの指摘がある。9月に限れば「半導体が目立った」(オークマ営業部)だけでなく、これまで軟調だった「航空機向けがあった」(牧野フライス製作所業務部)という。

外需は前年同月比54・1%増の883億2600万円で10カ月連続プラス。スマートフォンや自動車関連の大口受注が複数あったようだ。中国は「昨年末からの好調が続いている」(ツガミIR・広報課)ほか、「韓国向けの大型機など幅広い業界で需要があった」(東芝機械総務部)という。

(2017/10/12 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる