[ エレクトロニクス ]

東芝、「特注銘柄」解除 内部管理体制が改善

(2017/10/12 05:00)

東京証券取引所は11日、東芝株を12日付で「特設注意市場(特注)銘柄」から解除すると発表した。東芝が東証に提出した再発防止策や聞き取り調査などを踏まえ、内部管理体制が改善したと判断した。今回の結果で内部管理体制不備に伴う上場廃止リスクは解消されることになる。

東芝は2015年の不適切会計問題の発覚を受け、同年9月から内部管理体制に問題のある特注銘柄に指定されていた。

日本取引所グループ傘下の自主規制法人は17年3月に再提出された内部管理体制の確認書をもとに、社内外の役職員への調査の結果、内部管理体制には一定の改善があったと判断した。

ただ、同法人の佐藤隆文理事長は会見で「東芝はあくまで上場維持に必要な最低限の内部管理体制の水準に達したに過ぎない」とクギを刺した。

その上で「18年3月末時点で債務超過状態が解消されない場合は今回の特注解除の結果にかかわらず、上場廃止となる」と強調した。

東証の発表を受け東芝は、「今後も内部管理体制の一層の改善とその定着を図る」とのコメントを公表した。

(2017/10/12 05:00)

関連リンク

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン