INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 建設・住宅・生活 ]

大林組、3Dプリンターで部材製造

(2017/10/13 05:00)

大林組は特殊なセメント系材料を用いて、構造物のさまざまな形状の部材を製造できる3Dプリンターを開発した。短時間で固まるセメント系材料を積層することで、型枠を使わずに部材を作れる。

実験用に部材を組み合わせてアーチ状の橋を製作し、同社技術研究所(東京都清瀬市)に設置した。今後実用化に向け改良する。

新開発の3Dプリンターは、7軸のロボットアームに装着したノズルから、セメント系材料を出して積層し、部材を製造する。セメント系材料は、デンカが開発した。ノズルから出た直後に形状が崩れることなく、下層部分と一体化して数十分で固まる。

実験では、厚さ10ミリメートルで50層のセメント系材料を積層し、幅50センチ×奥行き25センチ×高さ50センチメートルの部材を6個製作。組み合わせて小型の橋を造った。

今後、曲面形状の部材の製作などで実用化を検討する。

(2017/10/13 05:00)

建設・住宅・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える! 「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手 IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス 小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社 モノづくり県が誇るオンリーワン企業

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン