[ トピックス ]

深層断面/習体制2期目へ 中国どう動く?

(2017/10/13 05:00)

中国の政治イベントで最も重要な「中国共産党第19回全国代表大会(党大会)」が18日に開幕する。前回の第18回党大会で総書記に就いた習近平氏は1期目(5年)で別格の指導者を指す“核心”の地位を得て権力基盤を固めた。2期目はバブルの指摘もある経済をいかにかじ取りするかが注目される。中国経済の専門家に今後の行方を占ってもらった。(大城麻木乃)

津上工作室代表・津上俊哉氏「次世代台頭で潮目変わる」

―習近平政権の1期目の評価は。

「2012年に習氏が登板した時期は、経済の軌道修正が必要なタイミングだった。08年のリーマン・ショック後に実施した4兆元(57兆円)の景気対策は不動産などへの投資バブルを生み、誰の目にもやりすぎだった。政権発足当初は李克強首相が“リコノミクス”と称して投資頼みの成長から生産性を上げる成長への転換を試みた。だが不発に終わった」...

(残り:2,582文字/本文:2,982文字)

(2017/10/13 05:00)

PR

トピックスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン