[ 自動車・輸送機 ]

川重、香川・坂出工場で鉄道部品 造船向け転用

(2017/10/13 05:00)

  • 鉄道車両の生産体制を増強する(兵庫工場)

川崎重工業は2019年度から、造船の主力拠点である坂出工場(香川県坂出市)で鉄道車両部品を生産する。造船向けの加工棟や人員を転用し、台車部品の製造ラインを新設する。川重は20年度までに国内の造船事業の規模を3割縮小し、中国建造にシフトする方針で、坂出工場の活用方法が焦点だった。鉄道車両はアジアで累計約2000両の円借款計画がある。川重は有力案件を抱えており、19年度に全社の年産能力を現状比30%増の700両規模に高める。

坂出工場は船舶に加え、新たに鉄道車両を手がける体制となる。工場の稼働率や協力会社の仕事を確保できるようになる。

船体ブロック製作で培った鉄板の切断や溶接の技術を生かし、当初は20―30人を鉄道に振り向ける。台車枠など台車部品を生産する。加工した台車部品は兵庫工場(神戸市兵庫区)で台車に組み立てる。

坂出工場の船舶建造は、液化天然ガス(LNG)船や液化石油ガス(LPG)船など高付加価値船に絞る。複数ロットを受注した場合も、1番船を坂出工場で建造し、残りを中国で建造する。

川重は全社で鉄道車両の生産体制増強を進めている。播磨工場(兵庫県播磨町)では、車両の配線取り付けなどを担う艤装(ぎそう)ラインや検査・機能試験の設備を整備する。19年度に製造を始める。同工場では現状、貨物列車の貨車を製作している。

兵庫工場でもステンレス車体ラインを増強する。投資額は兵庫、播磨、坂出の3工場で数十億円を計画。協力会社を含む人員は兵庫と播磨の2工場合計の3000人強から、18年度に3工場で約300人増える。

川重は8月にバングラデシュで都市交通向け鉄道車両144両を受注。同国で2路線の追加受注が濃厚なほか、フィリピンなどでも円借款案件が見込める。受注増をさばくには、生産体制の増強が不可欠と判断した。

(2017/10/13 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン