[ 自動車・輸送機 ]

川重、香川・坂出工場で鉄道部品 造船向け転用

(2017/10/13 05:00)

  • 鉄道車両の生産体制を増強する(兵庫工場)

川崎重工業は2019年度から、造船の主力拠点である坂出工場(香川県坂出市)で鉄道車両部品を生産する。造船向けの加工棟や人員を転用し、台車部品の製造ラインを新設する。川重は20年度までに国内の造船事業の規模を3割縮小し、中国建造にシフトする方針で、坂出工場の活用方法が焦点だった。鉄道車両はアジアで累計約2000両の円借款計画がある。川重は有力案件を抱えており、19年度に全社の年産能力を現状比30%増の700両規模に高める。

坂出工場は船舶に加え、新たに鉄道車両を手がける体制となる。工場の稼働率や協力会社の仕事を確保できるようになる。

船体ブロック製作で培った鉄板の切断や溶接の技術を生かし、当初は20―30人を鉄道に振り向ける。台車枠など台車部品を生産する。加工した台車部品は兵庫工場(神戸市兵庫区)で台車に組み立てる。

坂出工場の船舶建造は、液化天然ガス(LNG)船や液化石油ガス(LPG)船など高付加価値船に絞る。複数ロットを受注した場合も、1番船を坂出工場で建造し、残りを中国で建造する。

川重は全社で鉄道車両の生産体制増強を進めている。播磨工場(兵庫県播磨町)では、車両の配線取り付けなどを担う艤装(ぎそう)ラインや検査・機能試験の設備を整備する。19年度に製造を始める。同工場では現状、貨物列車の貨車を製作している。

兵庫工場でもステンレス車体ラインを増強する。投資額は兵庫、播磨、坂出の3工場で数十億円を計画。協力会社を含む人員は兵庫と播磨の2工場合計の3000人強から、18年度に3工場で約300人増える。

川重は8月にバングラデシュで都市交通向け鉄道車両144両を受注。同国で2路線の追加受注が濃厚なほか、フィリピンなどでも円借款案件が見込める。受注増をさばくには、生産体制の増強が不可欠と判断した。

(2017/10/13 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン