[ ロボット ]

広がるロボット活用(2)全国古民家再生協会−床下点検に自走式ロボ導入

(2017/10/13 05:00)

【全国に100万棟】

「作業者が家屋の床下へ入ることに抵抗を持つ人は多い。ロボット点検は信頼性を得られる」。日本の住文化である古民家の保存や利用を促す全国古民家再生協会(東京都港区)は床下点検に自走ロボットを活用している。同協会の活動に深く携わるアステティックスジャパン(松山市)の河野公宏社長は、ロボット導入の狙いをこう語る。

古民家は伝統工法を使って建築し築50年以上たった家を指す。古民家は全国に100万棟以上あるとされ、保存や利用の継続には各種点検や補修が欠かせない。古民家再生協会は全国に60支部を持ち、古民家鑑定士や床下診断士、耐震診断士など各種資格試験による人材育成や、古民家所有者への保険、認定制度などを実施している。

同協会は古民家の状況を把握する業務の一つの床下診断に大和ハウス工業の自走式点検ロボット「モーグル」を採用した。アステティックスジャパンも含め6台を2016年末...

(残り:650文字/本文:1,050文字)

(2017/10/13 05:00)

PR

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン