INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 環境・エネルギー ]

ニホンカワウソの可能性低い 環境省、対馬調査

(2017/10/13 05:00)

  • 長崎県対馬で撮影、8月に公開したカワウソとみられる動物(©琉球大学動物生態学研究室)

環境省は12日、国内で野生のカワウソが38年ぶりに確認されたのを受け、長崎県対馬市で調査を実施した結果、韓国やサハリンの種に近い個体が生息していることが分かったと発表した。ニホンカワウソである可能性について、調査を行った筑紫女学園大学の佐々木浩教授は記者会見で「(系統が)離れており、かなり低い」と指摘した。

調査は8月28日から9月2日にかけ、対馬の全島を対象に実施。ユーラシアカワウソのふん4個とカワウソの足跡一つを見つけた。

カワウソをめぐっては、琉球大学の伊沢雅子教授らの研究グループが2月、対馬で撮影に成功。7月に環境省が行った緊急調査では、採取したふんのうち一つから、韓国やサハリンに生息する種に近いユーラシアカワウソのDNAが検出されたが、同省は「ニホンカワウソとの関係は不明」としていた。

(2017/10/13 05:00)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

現場で使える! 
「なぜなぜ分析」で機械保全

現場で使える! 「なぜなぜ分析」で機械保全

「7つのムダ」排除 次なる一手
IoTを上手に使ってカイゼン指南

「7つのムダ」排除 次なる一手 IoTを上手に使ってカイゼン指南

きちんと知りたい! 
軽自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 軽自動車メカニズムの基礎知識

おもしろサイエンス 
小麦粉の科学

おもしろサイエンス 小麦粉の科学

粉体用語ポケットブック

粉体用語ポケットブック

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社
モノづくり県が誇るオンリーワン企業

未来にはばたく!兵庫の個性派企業103社 モノづくり県が誇るオンリーワン企業

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン