[ 政治・経済 ]

スペイン進出の日系企業は232社、最多はカタルーニャで89社―帝国データ

(2017/10/13 05:00)

  • (ブルームバーグ)

帝国データバンクは12日、カタルーニャ州の独立問題で揺れるスペインに進出している日本企業が232社とする調査結果を発表した。進出地域が判明した205社の進出先を見ると、最多はカタルーニャ州で89社だった。州都バルセロナを中心に花王や日産自動車、住友ベークライトなど多数の企業が製造拠点や販売拠点を有している。進出先の2位はマドリード州の82社で、いすゞ自動車、JTB、マツダなどが進出している。欧州有数の港湾都市を持つバレンシア州には宇部興産、三菱マテリアルなど13社、バスク州には黒崎播磨やアルパインなど13社だった。

業種別では製造業が144社と全体の62・1%を占めた。以下、卸売業の29社、サービス業の20社。売上高規模別では100億円以上の企業が175社と75・4%を占めた。

カタルーニャ州はスペインの国内総生産(GDP)の約2割を占める経済規模を有する。同州の混乱がスペイン全体の経済活動に影響しかねないとの懸念が広がっている。

(2017/10/13 05:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン