[ ロボット ]

日米巨大ロボ決戦!−水道橋重工vsメガボッツ、宣戦布告から2年 18日に映像配信

(2017/10/13 05:00)

  • メガボッツの「マークIII」(左)と水道橋重工の「クラタス」(米メガボッツのツイッターより)

日米巨大ロボットの決戦迫る―。造形作家の倉田光吾郎氏とロボットクリエーターの吉崎航氏らによる制作ユニット「水道橋重工」と、米ロボット開発会社「メガボッツ」がそれぞれ開発した搭乗型巨大ロボットの対決映像が18日に配信されることが決まった。2年前のメガボッツからの宣戦布告から始まったこの勝負。果たして勝敗の行方はいかに。

メガボッツのロボット「マークIII」はクローラー式の双腕のロボット。右腕はシンプルなロボットアームだが、左腕は大砲のように弾を射出する機能をもつ。

これを迎え撃つ水道橋重工の大型油圧ロボ「クラタス」は、高さ約4メートルで重量は約5トン。下半身は4脚で2本腕は5本指のハンドになっている。ソフトバンク傘下のアスラテック(東京都千代田区)の制御ソフトで駆動する。

対決そのものは安全確保もあり、報道陣を入れずに収録された。両陣営の装備や勝敗は不明。18日にソーシャルメディア(SNS)に映像が投稿され、その全容が明らかになる。

(2017/10/13 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙・海外ニュースヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン