[ ロボット ]

日米巨大ロボ決戦!−水道橋重工vsメガボッツ、宣戦布告から2年 18日に映像配信

(2017/10/13 05:00)

  • メガボッツの「マークIII」(左)と水道橋重工の「クラタス」(米メガボッツのツイッターより)

日米巨大ロボットの決戦迫る―。造形作家の倉田光吾郎氏とロボットクリエーターの吉崎航氏らによる制作ユニット「水道橋重工」と、米ロボット開発会社「メガボッツ」がそれぞれ開発した搭乗型巨大ロボットの対決映像が18日に配信されることが決まった。2年前のメガボッツからの宣戦布告から始まったこの勝負。果たして勝敗の行方はいかに。

メガボッツのロボット「マークIII」はクローラー式の双腕のロボット。右腕はシンプルなロボットアームだが、左腕は大砲のように弾を射出する機能をもつ。

これを迎え撃つ水道橋重工の大型油圧ロボ「クラタス」は、高さ約4メートルで重量は約5トン。下半身は4脚で2本腕は5本指のハンドになっている。ソフトバンク傘下のアスラテック(東京都千代田区)の制御ソフトで駆動する。

対決そのものは安全確保もあり、報道陣を入れずに収録された。両陣営の装備や勝敗は不明。18日にソーシャルメディア(SNS)に映像が投稿され、その全容が明らかになる。

(2017/10/13 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいナノセルロースの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいナノセルロースの本

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン