[ エレクトロニクス ]

【電子版】サムスン、7-9月利益が1兆4400億円 ディスプレー・メモリー好調

(2017/10/13 13:30)

  • サムスンは有機ELなどディスプレー分野でも市場をリードする(ブルームバーグ)

半導体ブームは予想以上の規模

(ブルームバーグ)韓国のサムスン電子の7-9月(第3四半期)営業利益は市場予想を上回った。ディスプレーと半導体メモリー需要が大きく伸びた。同社スマートフォンの最新モデルは年末商戦を前に、アップル製品と競争を繰り広げている。

 13日公表された暫定集計では、営業利益が14兆5000億ウォン(約1兆4400億円)に増加。ブルームバーグが集計したアナリスト予想の平均は14兆3000億ウォンだった。売上高も62兆ウォンに増え、アナリスト予想と一致した。

 コンピューターサーバーや人工知能(AI)搭載機器などあらゆる製品が半導体需要を押し上げ、DRAMとNAND型フラッシュメモリーの価格が上昇。半導体メモリー製造で最大手のサムスンは4-6月(第2四半期)に既に過去最高益を記録していた。同社はスマホメーカーのほか、データセンター運営会社に半導体を供給する。

 大信証券のアナリスト、パク・ガンホ氏は「利益を押し上げたのは半導体の販売数量というより価格だ」と指摘。「次の四半期は営業利益が約16兆ウォンに達するとわれわれはみており、これは半導体ブームが予想以上の規模であることを意味する」と説明した。

 サムスンは昨年の「ノート7」の発火事故と販売打ち切りの影響からの回復を今年発売のスマホ「S8」と「ノート8」に託している。米アップルが予定通りに「iPhone(アイフォーン)X(テン)」を年内に大量出荷できない場合、サムスンが有利になる可能性もある。

 サムスンは次世代スクリーンの有機発光ダイオード(OLED)ディスプレー分野でもリードしており、アップルなどのスマホメーカーに供給している。またアップルに対抗し、華為技術など中国メーカーの追撃を振り払うために、折り曲げ可能なディスプレーを搭載したスマホの来年発売を目指している。

 サムスンは暫定集計では純利益と部門別利益を公表していない。2週間後に監査済み決算を発表するのが一般的だ。

(2017/10/13 13:30)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!マシニングセンタ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!マシニングセンタ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

会社の“終活”読本
―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

会社の“終活”読本 ―社長のリタイア<売却・廃業>ガイド―

わかる!使える!溶接入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!溶接入門 <基礎知識><段取り><実作業>

俯瞰図から見える 
日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

俯瞰図から見える 日本型“AI(人工知能)”ビジネスモデル

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″
新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

″Hey Siri 世界を変える仕事をするにはどうすればいいの?″ 新規事業を立ち上げ、育て、そしてトップになるための手引き

住みたい間取り
-自分でつくる快適空間-

住みたい間取り -自分でつくる快適空間-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン