[ 商社・流通・サービス ]

作業台の動作精度向上−JR西、鉄道工事用軌陸車を開発

(2017/10/17 05:00)

  • JR西日本が開発した新型旋回作業台付き軌陸車

JR西日本は、鉄道工事の作業効率を高める新しい旋回作業台付き軌陸車(高所作業台車)を開発した。電線工事などで機械の誤動作やヒューマンエラーの低減を図れるのが特徴。光学・磁気センサーを用いて作業台の動作精度を向上させ、動作情報を運転席のコントロールパネルに表示し一元管理できる。今後10年間で約6台の老朽化車両と取り換えを図る。

作業台の昇降・回転状態を光学レーザーや磁気センサーを用い、非接触でミリメートル単位の精度で検知する。昇降・旋回情報を正確に把握し、効率よく安全に次の作業へ移行が図れる。同システムは、西日本電気システム(大阪市淀川区)と東洋車輌(同西淀川区)とで共同開発した。

同システム採用で、安全に作業できるよう車体に20カ所搭載されていた既存の接触式リミットスイッチを無くした。高所作業中に鉄線の切りくずなど異物が同スイッチに触れると、誤検知し作業台の制御に支障が出ることもあった。また、作業台の動作状態を見るため、同スイッチと連動したランプ点滅を人による目視で確認していた作業も省ける。

作業台を操作するジョイスティックレバーも機能を向上させた。レバーは固定式から有線の可動式リモコンに取り付けた仕様にし、多方向を見ながら遠隔操作できる。

今後は、さらに作業の効率性を高め、コントロールパネルの指示に基づき自動で作業台が進行・停止する機能の搭載も検討していく。

(2017/10/17 05:00)

建設・エネルギー・生活1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる