[ 科学技術・大学 ]

東北大、マイナスとプラス電荷を有機半導体に流せる電極構造を開発

(2017/10/18 05:00)

  • 有機半導体(ルブレン)で作成した発光素子(東北大提供)

  • 従来の電極(左)と新しい有機半導体電極(右)の構造(東北大提供)

東北大学材料科学高等研究所(AIMR)のタンガベル・カナガセカラン助手と谷垣勝己教授らは、マイナスとプラスの電荷を有機半導体に流すことのできる電極構造を開発した。マイナスの電子とプラスの正孔が有機半導体の結晶中で衝突して発光する。2017年度中に有機半導体レーザーとして応用し、トランジスタと光信号を組み合わせて演算する光コンピューティング材料などに提案していく。

東京工業大学との共同研究の成果。これまで電極から有機半導体結晶にプラスの正孔を流し入れることが難しかった。そこで有機半導体の単結晶表面に炭化水素鎖を成膜し、その上に有機半導体の多結晶層を形成した。

炭化水素鎖によって界面が乱れ、正孔が多結晶から単結晶に移動する電気的な通り道ができた。従来は正孔を流し入れるために金属カルシウムを電極に利用していたが、酸化されやすく不安定で実用的でなかった。新技術は有機多結晶体と金の積層体が電極となる。

正孔と電子が衝突する有機半導体の材料を選定することで発光波長を制御できる。

(2017/10/18 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる