[ ICT ]

【電子版】北朝鮮ハッカー集団「ラザルス」の手口、台湾の銀行攻撃でBAEが分析

(2017/10/17 18:30)

  • 攻撃にはマルウエアが使われ、スリランカとカンボジアの口座に転送されていたという(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)台湾の遠東国際商業銀行が今月サイバー攻撃を受け、6000万ドル(約67億3000万円)が盗まれた事件の背後には、北朝鮮とつながりがあるハッカー集団「ラザルス」が存在している可能性がある。防衛や情報セキュリティーなどを手掛ける英BAEシステムズの研究員が指摘した。

 BAEは16日にブログに掲載した資料で、今回のサイバー攻撃にラザルスの「幾つかの特徴」が認められるとの分析結果を示した。攻撃にはマルウエア(悪意のあるソフトウエア)が使われ、国際銀行間通信協会(SWIFT)のネットワーク経由で現金が盗まれたという。

 ラザルスとその分派組織は、昨年のバングラデシュ中央銀行からの多額の現金不正取得のほか、仮想通貨取引所や韓国の現金自動預払機(ATM)への攻撃などに関わったとされている。

 BAEの研究員によると、遠東国際商銀に対して使われたマルウエアは、それ以前に起きたラザルスによるポーランドとメキシコでの攻撃でも確認された。また、盗んだ現金の一部がスリランカとカンボジアの口座に転送されていたという。これらの国は「ラザルスによる銀行を狙った攻撃の目的地」として使われてきたと研究員らは指摘している。

(2017/10/17 18:30)

おすすめコンテンツ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる