[ トピックス ]

深層断面/相次ぐ発火事故…リチウム電池、安全対策は?

(2017/10/20 05:00)

メーカーとユーザー、一緒に防ぐ意識を

ソニーが世界で初めて商品化してから26年。リチウムイオン電池の存在感は年々増している。パソコンや携帯電話、電気自動車(EV)向けなど用途は広がり、最近では民生部門にとどまらず、電力供給などインフラ分野への応用も見込まれている。用途拡大、高性能化という期待が大きい半面、相次ぐ発火事故といった「負の側面」も問題視されている。リチウムイオン電池は安全か―。事故の原因を分析しながら、その安全性を検証する。(福沢尚季)

原因特定難しく “劣化の予兆”注意

製品評価技術基盤機構(NITE)の酒井健一専門官は「容量が大きくなるとショートが起きて発火につながる事故は起きやすくなる。だが発火事故は電池の製造工程上の不具合で発生するため、大容量化が事故の原因ではない」と話す。

(残り:2,277文字/本文:2,677文字)

(2017/10/20 05:00)

PR

トピックスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!配管設計入門
<基礎知識><段取り><実設計>

わかる!使える!配管設計入門 <基礎知識><段取り><実設計>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいIoTの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいIoTの本

中小企業が始める!生産現場のIoT

中小企業が始める!生産現場のIoT

MEMSデバイス徹底入門
「つかう」「わかる」「つくる」マイクロマシン・センサ

MEMSデバイス徹底入門 「つかう」「わかる」「つくる」マイクロマシン・センサ

英文テクニカルライティング 
読み手の心を動かすレトリック入門

英文テクニカルライティング 読み手の心を動かすレトリック入門

わかる!使える!射出成形入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!射出成形入門 <基礎知識><段取り><実作業>

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン