[ 科学技術・大学 ]

東大、哺乳類の体内で増殖−鳥インフル、個体間で致死的感染

(2017/10/23 05:00)

  • フェレットを用いたウイルス感染伝播実験(高病原性H7N9鳥ウイルスをフェレットの鼻腔内に接種した。その後、感染動物の飛沫によってウイルスが隣接するケージ内の動物に伝播するのかどうかを調べたところ、4ペア中3ペアにおいてウイルスが伝播した。また、ウイルスを感染させた動物では4匹中2匹が、飛沫感染した動物では3匹中2匹が死亡した)(東大提供)

東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らは、中国の患者から分離した高い病原性を持つ鳥インフルエンザウイルス(H7N9)が、哺乳類の体の中で効率的に増殖でき、個体間で致死的な感染を引き起こすことを突き止めた。

また、現在使われる抗インフルエンザ薬の効果が低いことも動物実験で分かった。パンデミック(世界的大流行)で甚大な被害をもたらす可能性があり、インフルエンザ対策の方針決定などに役立ててもらう。

高病原性のH7N9型のウイルスを調べると、ヒトと鳥に感染することが分かった。このウイルスをフェレットに感染させると、肺や脳で効率よく増殖し、死に至った。

マウスに感染させ、抗インフルエンザ薬の効果を確かめると、タミフルなどで知られる「ノイラミニダーゼ阻害剤」の効果は低いことが分かった。一方で、ウイルスが増殖する酵素の働きを阻害する薬剤の効果は高かった。成果はセル・ホスト・アンド・マイクローブに掲載された。

(2017/10/23 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる