[ ロボット ]

【電子版】中国ホライズン、インテル・キャピタルから1億ドル調達 自動運転向けAIチップの開発加速

(2017/10/22 10:00)

人工知能(AI)ソフトウエアや半導体チップを開発する中国のスタートアップ、ホラインズン・ロボティクス(地平線机器人、北京市)が、米インテルのベンチャーキャピタル部門であるインテル・キャピタルなどから1億ドル(約110億円)の資金を調達することになったと、ブルームバーグが伝えた。自動駐車する自動運転車のプロトタイプの開発資金に割り当てられるとしている。

創業者兼CEOの余凯(ユー・カイ)氏によれば、今回のシリーズAプラスの資金調達は12月までに完了し、エンジニアの採用や研究開発に使われる。自動運転車向けのプロトタイプは早ければ年内にも完成するという。

同社は2015年の設立で、16年にはロシアの起業家・投資家のユーリ・ミルナー氏も同社に出資している。人工知能に関連する半導体から、ハードウエア、ソフトウエア、クラウドコンピューティングなどを手がけ、自動運転車だけでなく、スマートホーム用機器や玩具などへの技術応用を狙う。16年11月にはインテルと高度運転支援システム(ADAS)で協力関係を結び、今年1月に米ラスベガスで開催されたCES2017にも製品を出展した。

また、余CEO自身は中国で著名なAI研究者。ホライズンを創業する前、検索大手のバイドゥ(百度)時代にディープラーニング研究所を創設し、そのトップを務めていた。

(2017/10/22 10:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる