[ エレクトロニクス ]

マクセル、農業用ドローン専用リチウム電池開発

(2017/10/24 05:00)

  • ナイルワークスの農業用ドローン(イメージ、ナイルワークス提供)

マクセルはナイルワークス(東京都渋谷区)と共同で、農業用ドローン(飛行ロボット)専用のリチウムイオン電池と充電器を開発した。複数の電池をつなげることで、1時間当たりの電気容量をスマートフォンの電池と比べて約60倍に高めた。2018年5月から製造販売する。価格は個別見積もり。

開発したリチウムイオン電池は、使用回数による容量低下を予測したり、充電中の温度と電圧、電流を制御したりできる。また、飛行中の電池切れなどのリスクを回避するために、電池の状態を常に監視し、異常時に警告できる機能を搭載した。

電池パックの製品外形は縦124ミリ×横90ミリ×高さ240ミリメートル。直列で12個つなげた場合の1時間当たりの電気容量は、435・12ワット。専用充電器は電池パックを6個搭載可能で、2個ずつ同時に充電できる。

農業用ドローンは国内外で普及が見込まれる一方、電池切れ対策などの安全性や信頼性が求められている。

マクセルとナイルワークスは電池パックや充電器などを一つのシステムとして開発しニーズに応えた。

(2017/10/24 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる