[ 機械 ]

直径10mmの電磁ブレーキ、シンフォニアが開発 18年度量産へ

(2017/10/24 05:00)

シンフォニアテクノロジーは医療用協働ロボットなどの性能向上に貢献する超小型電磁ブレーキを開発した。直径10ミリメートル、高さ10ミリメートルで業界最小・最薄級とみられる。ネジを使わず、内部空間を増やしたことで、従来品比3分の1の体積を実現しながら、0・002ニュートンメートルの高トルクを維持した。国内外の医療機器メーカーなどにサンプル出荷を進め、2018年度から量産する。医療・ヘルスケア市場を中心に拡販し、3年後に年間5億円の売上高を目指す。

無励磁作動形電磁ブレーキはサーボモーターで動く関節部分を保持、制動する重要な部品。産業用ロボットなどの安全、省エネ化を支える。シンフォニアはロボット向けでは4割近くのシェアを握るとみられる。小型になるほどロボットの手首や指など小さな部位に内蔵しやすくなる。

電磁ブレーキの小型化では限られた空間内で消費電力を抑えつつ、大きなトルクを発生させるこ...

(残り:371文字/本文:771文字)

(2017/10/24 05:00)

この記事は下記の「Journagram」にも掲載されています→ Journagramとは

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる