[ オピニオン ]

社説/東芝きょう株主総会−確実な危機脱却で本業の立て直しを

(2017/10/24 05:00)

長きにわたった混乱で、東芝に対する内外の信頼は大きく傷ついた。経営危機からの脱却を確実にし、社会インフラ事業を中心とする本業の立て直しを急いでもらいたい。

東芝は24日の臨時株主総会で、半導体メモリー事業の売却や、2017年3月期決算の承認を株主に求める。半導体子会社「東芝メモリ」を米ベインキャピタルが主導する「日米韓連合」に売却することを決めており、東芝も引き続き、議決権比率で40%程度を保有する。

経営への参画を求めていた米ウエスタンデジタルとの係争はまだくすぶっているが、メモリー事業の売却によって東芝は債務超過を免れ、上場を維持する。経営危機の脱却に向けた大きな一歩である。

しかし、これで東芝が立ち直ったとはとても言えない。経営危機が続く間に少なからぬ従業員が東芝を去り、また取引先との間で築いてきた長年の信用も揺らいでいる。要件の厳しい官公庁からの受注にも影響があった。信頼回復には、相当な時間がかかるだろう。

だが東芝のような総合的な技術力を持ち、社会インフラ事業を手がける企業体が、日本の産業界にとって貴重であることに変わりはない。官民の多くが、内需・外需の両面で日本経済を発展させていく上で欠かせぬ存在だと考えている。

再び不正会計のような問題を起こさぬための内部管理体制の改善も進んでいるという。経営陣がきょうの株主総会で信任され、着実な経営再建が進むことを期待する。

やむを得ず売却するメモリー事業についても、引き続き相応の責任を果たしてもらいたい。日本の半導体産業はかつて世界市場の過半を占めた。その後、韓国などの追撃で多くを失ったが、東芝のフラッシュメモリーは数少ない勝ち残り組だ。海外のライバルとの競争に打ち勝つためにも、出資者の了解を得つつ、適時適切な投資を継続する必要があろう。

東芝が再び、日本の産業界のリーダーとして戻ってきてくれることを期待する。

(2017/10/24 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる