INDUSTRIAL TRENDS AD

[ 政治・経済 ]

衛星データ産業利用、基盤民営化へ−経産省 経済効果3400億円

(2017/10/27 05:00)

経済産業省は政府保有の人工衛星データの民間への開放を促し、新産業を創出する。文部科学省、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と協力し、2018年度に政府衛星データの無償利用環境を整備。企業や大学が使いやすく加工、提供するプラットフォーム(基盤)運営機関を募り、3年後の民営化を目指す。自動運転用3次元地図のダイナミックマップ基盤と同様の事業モデルを想定。政府衛星データの産業利用拡大により、30年に3400億円の経済効果を見込む。

現在、政府保有の地球観測衛星データは一部で無償開放されているが、産業利用を想定していない。データ量が膨大で一般ユーザーには取り扱いが難しく、解析にも高価なソフトウエアが必要だ。

経産省はJAXA、産業技術総合研究所(産総研)と連携し、衛星データの処理・加工・提供を手がける機関を募る。衛星データへのアクセス環境を改善し、人工知能(AI)を活用しながら農業や漁業、防災、...

(残り:340文字/本文:740文字)

(2017/10/27 05:00)

PR

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか
重大事件から学ぶ失敗の教訓

続・なぜ、企業は不祥事を繰り返すのか 重大事件から学ぶ失敗の教訓

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい水素の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい水素の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい洗浄の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい洗浄の本 第2版

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

トヨタ流品質管理に学ぶ! はじめての変化点管理

経営者は遊び心を持て
~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

経営者は遊び心を持て ~空飛ぶ怪鳥・松本謙一の人間学~

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 
企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

シリーズ環境ソリューション 企業総覧 企業の環境部門担当者のための環境・エネルギーがサクッとわかる本

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン