[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】ボーイング747-400、日米定期路線から引退―米デルタ機、成田飛び立つ

(2017/10/30 22:00)

  • 「ジャンボ」の愛称で親しまれてきた大型旅客機「ボーイング747-400」の日米を結ぶ最終フライトを前に、記念の横断幕を掲げる米デルタ航空のスタッフら(30日夜、成田空港 時事)

 「ジャンボ」の愛称で親しまれてきた大型旅客機「ボーイング747―400」が30日夜、日本と米国を結ぶ定期路線の最終フライトを迎え、成田空港から飛び立った。これで、日本と北米間の旅客定期便のジャンボは全て姿を消す。

 最終便は、米デルタ航空のデトロイト行き。出発前に空港で開かれた記念式典では、ラッセル・ブリス筆頭機長が「747は日米の距離を近しくした象徴的な航空機だった」と感慨を述べた。

 747シリーズは1970年に米パンナム航空が導入して以来、世界の主要航空各社がこぞって運航。旅客の大量輸送を可能にし、日本人に海外旅行を身近にした。近年は老朽化や航空機小型化の流れを受け、日本航空や全日空では既に引退した。一方、貨物用や臨時便としては現役で活躍している。(時事)

(2017/10/30 22:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる