[ ロボット ]

ソニー、12年ぶり「アイボ」復活 豊かな動きで人と成長(動画)

(2017/11/2 05:00)

  • 12年ぶりの登場となった「アイボ」。撫でられて気持ちよさそう

ソニーは1日、犬型のコミュニケーションロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日に発売すると発表した。家庭用ロボットは06年に販売を終えた「AIBO」から12年ぶりの再参入で、価格は19万8000円(消費税抜き)。人工知能(AI)やセンサー、独自の駆動装置など最新技術を駆使して、豊かな動きで感情を示す。先代とは異なり、アイボが能動的に利用者に働きかける。

同日会見した平井一夫社長は「アイボは利用者と共に成長する。かけがえのない物語を紡いでほしい」と語った。アイボはクラウドコンピューティングを活用するため、利用には本体購入と月額2980円からのアイボベーシックプランへの加入が必要となる。また、スマートフォンのアプリケーションと連動し、アプリ内の仮想のアイボと遊ぶと、実物のアイボも成長する。

先代に比べ、自らが持ち主に鳴き声や動きで働きかける点や、動きの豊かさ、位置情報把握機能などが進化した。日本語の会話はしないが音声は認識する。今後は知育や高齢者ケアなどで他社との連携も模索する。

先代アイボは99―06年で累計で15万台以上を販売した。今回は販売目標は設定しないが「先代より売りたい」(川西泉執行役員ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長)としている。

(2017/11/2 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン