[ 科学技術・大学 ]

日本発「国際津波防災学会」、11日に発足 国内外に知見発信

(2017/11/2 05:00)

津波に関する防災を総合的に議論し、知見を共有、発信する場として「国際津波防災学会」が11日に発足する。津波の自然科学的な解明に加え、津波防災に関わる法制度や地域社会のあり方など、社会科学的な角度からも取り上げる。研究者や技術者、行政、民間非営利団体など幅広い分野の専門家が参加できるようにするほか、海外とのネットワーク構築にも取り組む。

津波をテーマにした学会は国内で初めてだという。同学会の発起人代表者は、ロバート・ゲラー東京大学名誉教授が就いた。このほか、大竹美喜国際科学振興財団会長、丸山茂徳東京工業大学特命教授、戎崎俊一理化学研究所主任研究員が発起人に名を連ねた。

11日に東京都内で設立総会を開き、組織体制や今後の活動内容などを決める。同学会代表にはゲラー名誉教授が内定している。専門部会や委員会などテーマ別の活動や、研究発表会の開催、国際的なネットワークの構築などに取り組む。事務...

(残り:275文字/本文:675文字)

(2017/11/2 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる