[ 科学技術・大学 ]

姿勢・位置を高精度測定 産総研が視覚マーカー開発 ロボ制御・ARに応用へ

(2017/11/2 05:00)

産業技術総合研究所ロボットイノベーション研究センターの田中秀幸主任研究員は、高精度に姿勢や位置を測れる視覚マーカー「レンチマーク」を開発した。見る方向で模様の変わる光学レンズシートを利用する。カメラで撮影してマーカーのパターンから角度と位置を推定できる。44ミリメートル角のマーカーで位置の測定誤差は0・3%。ロボット制御や拡張現実(AR)などへの応用を見込む。エンプラスが2017年度内の販売を目指す。

マーカーの模様を画像処理し、傾きや位置を推定する。マーカーには小さなかまぼこ状のレンズが並ぶ。見る角度によって線の見える位置が変わるため、このパターンを画像解析することで、マーカーの姿勢を高精度に推定できる。画像処理の負荷は小さく、リアルタムで処理できる。

マーカーは電源不要で配線が要らないため人の身体やロボットに貼り付けやすい。測定精度は44ミリメートル角のマーカーで角度は1度、位置は...

(残り:210文字/本文:610文字)

(2017/11/2 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる