[ その他 ]

METI Journal×日刊工業新聞/10年先の会社を考えよう(7)

(2017/11/2 05:00)

世界ではファミリービジネスが再評価されている。どのようなガバナンスが適し、どのように世代交代や事業承継を進めていけば良いのか。早稲田大学大学院商学研究科ビジネススクール(MBA)教授で、国際ファミリービジネス総合研究所所長である長谷川博和さんに聞いた。

―ファミリービジネスとは。

「一族で株式を所有している企業の中でも成長を志向している企業をファミリービジネスと位置づけている。ベンチャー企業と方向性は同じで、2代目、3代目というジェネレーションの要素がここに加わってくる」

「ファミリービジネス学会では、さまざまなファミリービジネスのケースを研究し、同族ではない企業とどのような違いがあるのかを分析している。また後継者をどのように育て、事業を承継していけば良いのかなども研究している」

【“世間良し”で新事業】

―日本にも長い歴史を持つ同族企業は存在します。

「日本のファミリービジネスで優れた点に近江商人の“三方良し”の考え方がある。特に三つ目の世間良し。中小企業が最新設備を入れて生産現場を合理化した場合、欧米だと必要でなくなった従業員は解雇し、収益や配当のアップにつなげる。それが日本だと、余剰となった人員のために新しい事業に乗りだそうとする」

【攻守のバランス】

―同族企業にとって事業承継は大きな節目となります。

「非連続的な変曲点にしてしまってはいけない。後継者は先代が築いた守るべき価値観を継承しながら、新しい事業にも乗り出す必要がある。初代は攻めるだけで良かったかも知れないが、2代目は守りと攻めのバランスが必要で、継続しながら変革しなければならない」

『METIJournal』は経済産業省の公式情報サイトです

(2017/11/2 05:00)

モノづくり基盤・成長企業のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる