[ 環境・エネルギー ]

三重大とマツザキ、小水力エコ発電システム開発 年間101万kW時

(2017/11/7 05:00)

【津】三重大学は6日、三重県伊賀市の東部を流れる馬野川で、老朽化により廃止された小水力発電所を再稼働させるため、密閉式パイプを利用したエコ発電システム(完成予想図)を開発したと発表した。マツザキ(三重県伊賀市、松崎将司社長、0595・48・0221)との共同開発。19年4月に稼働を予定する。年間発電量は101万キロワット時を想定するという。

同発電システムは、1082メートルのパイプを使い、サイホンの原理を応用して川の水を吸い出す。落差77メートルから排出される水は毎秒最大0・4立方メートルで、効率よく水車を回し、最大出力は199キロワットと廃止前の発電所の4倍。総工費は約3億7000万円。

事業化に向け、10月には新会社「みえ里山エネルギー」が発足した。売電で得た利益を出資者に還元するため「馬野川小水力発電を復活させるプロジェクト地域協議会」(藤森荘剛会長)と連携し、19年4月に一般社団法人を設立する計画。

開発で中心的な役割を担った坂内正明同大特任教授は、「再生可能エネルギーによる電力の地産地消を実現したい」と意欲を見せた。

(2017/11/7 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる