[ 政治・経済 ]

米商務長官に疑惑浮上、ロシア企業と利害関係か−内部文書

(2017/11/7 05:00)

  • (ブルームバーグ)

【ワシントン=時事】国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ、本部ワシントン)は5日、投資家だったロス米商務長官が、ロシアのプーチン大統領の親族と関わりのある企業と取引する会社と今もビジネス上の利害関係を持っていると伝えた。

商務長官指名承認を求めるに際して、ロス氏はこうした情報を明確には説明しなかったという。英領バミューダ諸島にある法律事務所の内部文書を基に発表した。

それによれば、ロス氏は海運会社「ナビゲーター・ホールディングス」との関係を保ち、利益を得る立場にある。ナビゲーター社は、ロシアのエネルギー会社「SIBUR」に船を貸し出すなど主な取引先としている。SIBURの主要株主の中には、米財務省の制裁対象になっているロシアの富豪や、プーチン大統領の娘婿がいるという。

2016年の大統領選にトランプ陣営とロシアが共謀して介入したという疑惑では、政権幹部とロシア関係者の接触など不透明な関係について特別検察官の捜査が続いている。

(2017/11/7 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる