[ ICT ]

IoT工場、標準化へ覇権競争 三菱電機など6社が企業連合

(2017/11/7 05:00)

三菱電機、日本IBMなど6社は6日、IoT(モノのインターネット)工場の普及促進に向けて、コンソーシアム(企業連合)を29日に設立すると発表した。工場内の機器データを現場で適時処理する「エッジコンピューティング」に焦点を合わせ、ITとFA(工場自動化)を協調させるソフトウエア基盤を日本発で提唱する。企業や産業の枠を超えて賛同を募り、グローバルにも展開する計画。将来的には1000社の賛同を目指す。

設立した「エッジクロス・コンソーシアム」にはNECやオムロン、日本オラクルを含め6社が発起メンバーとなった。コンソーシアムではエッジコンピューティングのカギとなるソフトウエア基盤「エッジクロス」の仕様策定をはじめ、賛同企業が協力できるオープンな場を提供する。

これら活動を通して、日本政府が提唱する「ソサエティー5・0」や「コネクテッド・インダストリーズ」の活動にも寄与する方針。三菱電機の宮田芳和常務執行役は「製造業のグローバルでの発展に向けて、参加メンバーとともにコンソーシアムの活動をけん引していく」と意欲を述べた。

工場向けエッジコンピューティングを巡る企業連合ではファナックが先行。米シスコシステムズや米ロックウェルオートメーション、プリファード・ネットワークス(東京都千代田区)、NTTグループと協業し、工場用IoT基盤「フィールド・システム」の普及拡大に乗り出している。

同システムは工場全体をIoT化して故障予知や設備の機能向上、生産革新などにつなげるのが狙い。開発環境のオープン化により、200社以上との連携を表明している。

(2017/11/7 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる