[ ICT ]

IoT工場、標準化へ覇権競争 三菱電機など6社が企業連合

(2017/11/7 05:00)

三菱電機、日本IBMなど6社は6日、IoT(モノのインターネット)工場の普及促進に向けて、コンソーシアム(企業連合)を29日に設立すると発表した。工場内の機器データを現場で適時処理する「エッジコンピューティング」に焦点を合わせ、ITとFA(工場自動化)を協調させるソフトウエア基盤を日本発で提唱する。企業や産業の枠を超えて賛同を募り、グローバルにも展開する計画。将来的には1000社の賛同を目指す。

設立した「エッジクロス・コンソーシアム」にはNECやオムロン、日本オラクルを含め6社が発起メンバーとなった。コンソーシアムではエッジコンピューティングのカギとなるソフトウエア基盤「エッジクロス」の仕様策定をはじめ、賛同企業が協力できるオープンな場を提供する。

これら活動を通して、日本政府が提唱する「ソサエティー5・0」や「コネクテッド・インダストリーズ」の活動にも寄与する方針。三菱電機の宮田芳和常務執行役は「製造業のグローバルでの発展に向けて、参加メンバーとともにコンソーシアムの活動をけん引していく」と意欲を述べた。

工場向けエッジコンピューティングを巡る企業連合ではファナックが先行。米シスコシステムズや米ロックウェルオートメーション、プリファード・ネットワークス(東京都千代田区)、NTTグループと協業し、工場用IoT基盤「フィールド・システム」の普及拡大に乗り出している。

同システムは工場全体をIoT化して故障予知や設備の機能向上、生産革新などにつなげるのが狙い。開発環境のオープン化により、200社以上との連携を表明している。

(2017/11/7 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる