[ 自動車・輸送機 ]

日本車両製造、米での鉄道生産断念 住友商事に解決金375億円

(2017/11/7 05:00)

  • 会見する五十嵐社長(名古屋市内)

【名古屋】日本車両製造は6日、米国での鉄道車両の大型受注案件を断念し、直接受注者の住友商事に解決金3億2894万ドル(約375億円)を支払うと発表した。カリフォルニア州交通局とイリノイ州交通局から2012年、2階建て車両を合計130両受注したが、全て米国製部品を使用する条件によるコスト高などで採算が悪化していた。解決金支払いのため親会社のJR東海から350億円を借り入れる。

16年12月にカリフォルニア州交通局などに生産継続が困難になったと申し入れ、住友商事と協議してきた。五十嵐一弘日本車両社長は「設計体制を強化してきたが、こういう結果になり残念だ」と心境を述べた。

130両は時速約200キロメートルの準高速鉄道用で、日本車両の米国子会社が生産していた。

米国製部品の使用のほか、車体の強度不足による設計変更や米国の台車メーカー倒産もあり、コストが積み上がった。今後、日本車両の代わりに独シーメンスが生産する。

(2017/11/7 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる