[ ICT ]

米スプリント経営権を保持−合併交渉停止、ソフトバンク社長が判断

(2017/11/7 05:00)

  • 会見する孫社長

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は6日、都内で開いた決算説明会で携帯電話子会社の米スプリントとTモバイルUSとの合併交渉を停止した理由について「経営権を失う合併には合意すべきではないと判断した」と述べた。合併後の経営権の保持を互いが主張し、折り合いが付かなかったことを明かした。また、取り沙汰されるライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズへの投資については「価格などの条件が合えば積極的に検討する」とした。

孫会長兼社長は「IoT(モノのインターネット)時代の到来などを見据え、米国に通信インフラを持つスプリントの経営権を手放すべきではない」と判断した。英ARMホールディングスや衛星通信ベンチャーの米ワンウェブなどグループ企業とのシナジーを見込むという。また、同社は巨額ファンドを組成し、米国の企業を中心に投資を積極化している。それらの投資先とのシナジーも見込む。

一方で米通信業界はベライゾンとAT&Tの2強体制。それを業界3位のTモバイルが猛追しており、スプリントは契約者の獲得でTモバイルに後れを取っている。このため単独成長は苦戦が予想されるが、孫会長兼社長は「3―4年苦しい戦いが続いたとしても5―10年単位でみれば戦略的に欠かせない企業になる」と強調。その上で「スプリントの業績は改善している。底力をつけていきたい」と続けた。ただ、Tモバイルとの統合交渉再開の可能性については「我々が経営権を持つか、それに近い形で組めるなら門戸は開かれている」と述べた。

また、米ウーバーへの出資については「最終的な条件を詰めている段階」と現状を説明した上で「条件が折り合わずに取りやめる可能性もある」とした。

(2017/11/7 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる