[ 自動車・輸送機 ]

トヨタ、営業益2期ぶり2兆円 通期減益予想から一転 円安・原価改善を反映

(2017/11/8 05:00)

トヨタ自動車は7日、2018年3月期の連結業績予想(米国会計基準)の各利益項目を上方修正し、営業利益が前期比0・3%増の2兆円になりそうだと発表した。8月時点は2期連続の営業減益の見通しだったが、円安や原価改善、販売台数増などを反映し増益に転じる。連結販売台数も8月時点比5万台増の895万台を計画。日本、北米、欧州で台数を積み増し業績を底上げする。

永田理副社長は「今年は競争力を徹底的に磨く。攻めと守りの両方に取り組む」と話した。原価改善による営業利益の押し上げ効果は1200億円と同200億円積み増した。自動運転など次世代分野への投資が膨らむ中、「製品開発の原資を今のうちに稼ぐ」(永田副社長)方針だ。

通期の想定為替レートは1ドル=111円、1ユーロ=128円とそれぞれ8月時点からドルで1円、ユーロで4円の円安に見直した。通期の設備投資は同400億円減の1兆2800億円。研究開発費...

(残り:108文字/本文:508文字)

(2017/11/8 05:00)

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる