[ 科学技術・大学 ]

阪大など、大規模施設の「5G」通信実験に成功 東京五輪で利用へ

(2017/11/8 05:00)

大阪大学大学院基礎工学研究科の村田博司准教授らによる日欧国際連携共同研究プロジェクトRAPIDは7日、大規模サッカースタジアムでミリ波を用いた第5世代移動通信方式(5G)無線の通信実験に成功したと発表した。無線と光信号に変換する光ファイバー無線を利用。アンテナ局の分散配置で利用者が密集した環境でも高速通信ができる。2020年の東京五輪・パラリンピックのスタジアムなど大規模施設向けの通信技術で利用を目指す。

同プロジェクトはガンバ大阪の本拠地で4万人収容の市立吹田サッカースタジアム(大阪府吹田市)で実験した。下り通信はビーム制御技術と端末位置推定技術を搭載した可変セル、上り通信は超小型セルを使う非対称セル方式で通信を効率化。Wi―Fiや4Gなど既存の通信と協調できるシステムとした。

客席の天井などに50―100席をカバーする小型のリモートアンテナを分散して設置。基地局で信号処理を一括制御...

(残り:135文字/本文:535文字)

(2017/11/8 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる