[ 政治・経済 ]

【電子版】米空軍、嘉手納基地でF35A初公開

(2017/11/7 21:30)

  • 報道陣に公開された米空軍仕様の最新鋭ステルス戦闘機F35A(沖縄・米軍嘉手納基地、時事)

「自衛隊と相互運用高める」

 在日米空軍は7日、嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に配備された最新鋭ステルス戦闘機F35Aを報道陣に公開した。F35Aは空軍仕様機で、同型機のアジア太平洋地域への実戦配備は初めて。挑発を繰り返す北朝鮮や軍事力を増す中国を念頭に、在日米軍の航空戦力を強化する狙いがあるとみられる。

 米太平洋空軍は12機のF35Aを半年間、嘉手納に派遣すると発表。10月から順次飛来し、今月配備が完了した。

  • 米空軍仕様の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの前で記者団の取材に応じる空軍幹部ら(沖縄・米軍嘉手納基地、時事)

 同基地では7日午前、8機のF35Aが初の訓練を実施。嘉手納を離陸し、訓練空域の確認などを行った。米空軍幹部は記者団の取材に応じ、「日本を守る力を強化し、自衛隊との相互運用性を高める」と強調。「騒音や安全面に細心の注意を払う」とも述べ、基地負担強化に反発する地元に配慮する意向も示した。

 航空自衛隊はF35Aの導入を決め、三沢基地(青森県)に配備することを決めている。F35をめぐっては、米軍岩国基地(山口県)に短距離離陸・垂直着陸できる海兵隊仕様のF35Bが今年1月から配備されている。(時事)

(2017/11/7 21:30)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる