[ 政治・経済 ]

【電子版】PM2.5濃度が日本の28倍超 インド首都で自動車規制へ

(2017/11/11 12:00)

  • スモッグの中を歩く住民ら(時事)

当局「少しでもましになるなら、何だってやる」

 【ニューデリー時事】大気汚染が深刻化するインドの首都ニューデリーの行政当局は9日、自家用車の通行を13~17日の間、規制すると発表した。一部例外を除き、ナンバープレート末尾の数字が奇数なら奇数日、偶数なら偶数日に走行が認められる。車の排ガスは大気汚染の主因の一つとされる。在留邦人の生活にも影響が出そうだ。

 主要紙タイムズ・オブ・インディアは「本物のガス室だ。住民は息ができない」と首都の惨状を報道。首都高官は9日、「確かにひどい。少しでもましになるなら、何だってやる」と語った。

 近郊の農家の野焼きや、火力発電の排ガスなども原因で、微小粒子状物質PM2・5の濃度が日本の基準値の約28.5倍に達した地域もある。地元紙によると、視界が悪化し幹線道で多重衝突事故も発生。当局は12日まで全小学校を休校とし、粉じんが発生する建設・解体工事も禁止した。

(2017/11/11 12:00)

政治・経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン