[ その他 ]

【電子版】先週の注目記事は?(解説付き)

(2017/11/14 05:00)

■アクセスランキング・ベスト10(11/6~11/12)

1位 東芝、パワー半導体増産 自動車向け需要増にらむ

2位 iPhone Xが業績左右 電子部品各社、動向注視

3位 スズキ、安全運転技術 全車種展開 第1弾は「スペーシア」

4位 東大、ペロブスカイト太陽電池で変換効率20.5%-希少金属使わず実現

5位 【電子版】米IBM、20量子ビット商用量子電算機を年内クラウド提供へ 50量子ビット機の試作も成功

6位 IoT工場、標準化へ覇権競争 三菱電機など6社が企業連合

7位 熟練作業の自動化ロボ、川重が開発 AIが感触・音まで学習

8位 ソディック、欧州に射出成形機 19年投入 医療・電子機器に照準

9位 アマダ、北米に2新工場 板金機械に100億円投じ供給体制を拡充

10位 日本車両製造、米での鉄道生産断念 住友商事に解決金375億円

■解説:【電子版】ブロードコム、クアルコムに12兆円で買収提案 敵対的買収も覚悟(11/7)

  • ブロードコムの米国本社(ブルームバーグ)

 東芝メモリの有力売却先として一時名前の挙がったブロードコム。今度はその時の5倍以上にも上る巨額の買収提案で、同社としては文字通り勝負に出た格好だ。ただ、クアルコムの取締役会では全会一致で買収拒否を決定したと13日に発表。同社の価値を過小評価しているとして、株主にも買収提案に乗らないよう訴えた。

 クアルコムはCDMA方式の携帯電話を実用化することでモバイル分野での確固たる地位を築き、半導体メーカーとしては無線通信チップのほか、ほとんどのスマートフォンにマイクロプロセッサーを供給している。

 だが、最近はプロセッサー分野で台湾メディアテックなどが台頭してきているほか、中国ファーウェイのように内製化するところまで出現。さらに今年に入ってからのアップルとの訴訟合戦で株価が下落し、盤石と見られていた経営にもほころびが見えてきた。

 ブロードコムの買収提案はそうした間隙を突いたわけだが、同社のホック・タンCEOにとってクアルコム取締役会の買収拒否は想定の範囲内でもあり、これで引き下がるとは思えない。敵対的買収に向けクアルコムに経営陣を送り込むための委任状争奪戦や、買収金額引き上げなど、あらゆる手を使ってくるものと思われる。半導体業界に地殻変動が起きそうな案件だけに、動向から目が離せない。

(2017/11/14 05:00)

その他のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン