[ 金融・商況 ]

三井住友FG、1500人分の業務量 仮想ロボで3年内に削減

(2017/11/14 05:00)

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は13日、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)の導入により3年以内に約1500人分の業務量を削減する計画を発表した。

生産性を上げてコスト競争力をつけるとともに、浮いた人員は営業や企画力の強化、労働時間の適正化などにつなげる。

RPA導入の事例として、規制強化に伴って業務負担の増加が予想されるコンプライアンス・リスク関連業務、営業・企画力の強化に必要となる情報収集業務、住宅ローンチラシの作成など営業店の支援業務を挙げている。

これまでRPAにより約200業務、40万時間の業務量削減をした。

今年度末までには100万時間、3年以内に約1500人分の業務量に相当する300万時間の業務量削減を実現する。

(2017/11/14 05:00)

金融・商況のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン