[ ICT ]

日本IBM、日生から最新汎用機「z14」受注 高度なセキュリティー機能が評価

(2017/11/15 05:00)

日本IBMは日本生命保険から、米IBM製メーンフレーム(大型汎用機)の最新機種「IBM z14」を受注した。z14を納入するのは国内金融機関では初めて。日本生命は災害対策ソリューション(GDPS)と組み合わせて、2018年5月からz14の運用を始める予定。

z14はシステム上の全てのデータを次世代ハードウエア暗号化機構で暗号化することが可能。暗号化に伴うアプリケーション(応用ソフト)の変更を最小限に抑え、性能面への影響もなく実行できる。ハッカーの標的となりやすい暗号化キーはハードウエアで保護され、物理的な開封や電気的な内部解析を行おうとするとキーを消去する。

こうした高度なセキュリティー機能が決め手となったという。個人情報や契約情報などの機密性の高いデータについてもz14で管理していく計画。

(2017/11/15 05:00)

電機・電子部品・情報・通信2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン