[ 機械 ]

無電源ベルトコンベヤー、松本工業が開発 プレス機の上下動利用

(2017/11/15 05:00)

  • 狭い場所にも設置できる

【北九州】松本工業(北九州市小倉北区、松本茂樹社長、093・923・0388)は、無電源ベルトコンベヤーシステムを開発した。プレス機械の上下動を利用してコンベヤーを作動させ、部品やスクラップを安全に排出する仕組み。生産現場ではエアブローが主流だが、電気を使わずに細かな端材も飛散しない。環境に配慮した製品としてプレスや食品工場などに広く販売する。

松本工業が開発した「ピクシーコンベア」は、プレス機械の上下動を回転運動に変換する本体ユニットと専用コンベヤー、連結するフレキシブルシャフトで構成。

本体ユニットは回転力を直線の動きに変換する歯車のラックアンドピニオンとワンウエイクラッチを組み合わせ、ギア比を変えることで動作距離を増幅させる。

また、金型内の狭い空間に対応するよう10ミリメートルの極薄コンベヤー採用で取り付けの自由度を広げた。複数のコンベヤーの連結動作も可能。松本伸介常務は「無電源のためエアブローなどと比べて年間40万円以上電気代を節約できる。製造現場の作業環境改善にも貢献できる自信作」としている。

価格は1システム約12万円から。すでに試験販売しており、2018年2月にFA(工場自動化)部品販売のミスミ(東京都文京区)を通じて発売する。

プレス工場では製造工程で大量のスクラップが発生する。多くは手作業で排出、またはエアブローや振動を利用して処理するが、電気代、騒音、油汚れなど課題が多い。

(2017/11/15 05:00)

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン