[ 機械 ]

島津が高速衝撃試験機 樹脂系材料など、秒速20mで引っ張り試験

(2017/11/15 05:00)

【京都】島津製作所は樹脂系材料などの引っ張り試験が業界最速の秒速20メートル(時速72キロメートル)で行え、ノイズを減らし、データを利用しやすくした高速衝撃試験機「HITS(ヒッツ)―TX」を15日発売する。自動車部品などで樹脂系材料の採用が増えている。消費税抜きの価格は2900万円。国内外の素材、自動車メーカー、受託試験企業などへ発売後3年間で50台の販売を見込む。

目的速度への到達を早めるため、ピストンを先に動かし、試験片を挟んでいる治具を引っ張り上げる仕組みにした。試験速度が速まると治具を引っ張り上げる際の衝撃が大きくなり、測定データのノイズとなる。治具由来の固有振動数を除去し、ノイズの少ないデータ取得を実現した。

最大試験力は10キロニュートン、最遅は秒速0・1ミリメートル、最大変位は300ミリメートルと、1台で幅広い引っ張り試験に対応できる。同じ材料でも引っ張る速度の速い...

(残り:229文字/本文:629文字)

(2017/11/15 05:00)

PR

機械のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン