[ エレクトロニクス ]

浜松ホトニクス、浜松で新棟完成 化合物光半導体素子、生産能力倍増

(2017/11/15 05:00)

【浜松】浜松ホトニクスは14日、都田製作所(浜松市北区)に、車の自動運転技術などへの応用が見込まれる化合物光半導体素子を生産する第3棟(写真)を完成したと発表した。2018年4月に稼働する予定。化合物光半導体素子の生産能力は月産2000枚(2インチウエハー換算)に倍増する。投資額は43億円。新棟の完成を機に、複数の拠点に分散する前工程を集約する。自動化や最新の生産管理システムを導入し高品質、高性能な素子を高い生産性で供給する体制を整える。

化合物光半導体素子は、シリコン材料の素子では難しい赤外光領域の検出も可能。赤外光は食品や大気の分析のほかレーザー加工や医療分野などに応用されている。また赤外光を使い、人や物体までの距離や形状を3次元でとらえる技術は今後、車の自動運転システムやロボットへの搭載が期待される。

受光・発光の両素子を生産するのは世界でも珍しく、用途に応じて最適な素子を開発、製造し提案していく。

(2017/11/15 05:00)

エレクトロニクスのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3
信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3 信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン