[ 科学技術・大学 ]

JAXA、H3ロケットエンジン公開 来月に燃焼試験

(2017/11/15 05:00)

  • H3ロケットに使うLE−9エンジンの燃焼試験用エンジン(JAXA提供)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、12月に燃焼試験を行う新型基幹ロケット「H3」のエンジンを種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)で公開した。公開したのはロケットの最下部にある新型1段エンジン「LE―9」の実機型となる2号機。4―7月に実施した同1号機の試験結果を反映し、12月の燃焼試験に向け準備を進めている。

LE―9の推力は150トン。バルブの駆動方式を電動とすることで、推力となる燃焼ガスの混合比の連続制御を可能とし、燃焼試験を簡易化することができた。さらに部品点数を減らすことで低コスト化も実現した。

エンジンシステムは三菱重工業、ターボポンプはIHIがそれぞれ担当した。

H3プロジェクトチームの岡田匡史(まさし)プロジェクトマネージャは、「エンジン開発には魔物が潜む。慎重に開発を進めたい」と意気込んだ。

18年度以降に実際のフライトモデル用のエンジンでの燃焼試験を行い、最終的に20年度のH3打ち上げを目指す。H3の打ち上げコストは現在のH2Aロケットの約半分の50億円を目指している。

(2017/11/15 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン