[ 自動車・輸送機 ]

居眠り運転、「温冷感」検知で防止 パナソニックがサンプル出荷

(2017/11/15 05:00)

パナソニックは自動車の運転手が感じる「暑い」「寒い」という感覚を見分ける赤外線センシングシステムを開発し、サンプル出荷を始めた。運転手の眠気検知などに活用でき、居眠り運転防止に役立つ。エアコン向け技術を改良し車載用に耐久性を高め、計測できる温度範囲も拡大した。車の安全機能を強化する車メーカーなどと仕様のすり合わせを始めており、2018年度以降の採用を目指す。

パナソニックとして運転手向けセンシングシステムの市場投入は初めて。人や物が放射する赤外線を検知するセンサーを動かし、熱の分布が分かる画像を合成する。画像から人の存在を検知し、その表面温度と周囲の温度を比べ人の放熱量を算出する。放熱量データを基に独自のソフトウエアを使い「暑い」「寒い」という人の温冷感を見分ける。

運転手の温冷感を車内の明るさ、運転時間、運転手の表情などの情報と組み合わせると、眠気の予兆を検知できる。空調や照明機器と...

(残り:202文字/本文:602文字)

(2017/11/15 05:00)

PR

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方
機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

<解析塾秘伝>実測との比較で学ぶ!CAEの正しい使い方 機械工学の実験で検証するCAEの設計・評価テクニック

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

事例でわかる めっき処理の不具合と対策

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す
-やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

「設計力」こそがダントツ製品を生み出す -やみくも先行開発を打破する7つの設計力-

よくわかる機械の制振設計
防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

よくわかる機械の制振設計 防振メカニズムとフィードフォワード制御による対策法

きちんと知りたい! 
自動車低燃費メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 自動車低燃費メカニズムの基礎知識

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか
欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

なぜ、日本でFinTechが普及しないのか 欧米・中国・新興国の金融サービスから読み解く日本の進む道

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン