[ ロボット ]

アイロボットジャパン、日本語音声で「ルンバ」操作

(2017/11/15 05:00)

  • ルンバがAIスピーカーに対応

アイロボットジャパン(東京都新宿区、挽野元社長、03・5227・2250)は、国内展開するロボット掃除機「ルンバ」と米アマゾン・ドット・コムが提供する人工知能(AI)スピーカー「アマゾンエコー」を対応させ、サポートを開始した。エコーを介して日本語の音声でルンバを操作できる。エコーの出荷開始から提供する。

Wi―Fi(ワイファイ)に対応するルンバがエコーと連携できる。ルンバは米国内ではエコーと英語で連携していた。エコーの日本語版が発売されることから、日本語でも連携することにした。清掃の開始や停止、再開、ホームベース(充電器)に戻る、といった指示を音声で出せる。

エコーはアマゾンの音声認識技術「アレクサ」を活用したスピーカー。アレクサはクラウド型のシステム。エコーに音声で話しかけると音楽の再生、ニュースの読み上げ、アラームのセットなどができるようになる。

(2017/11/15 05:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン