[ 機械 ]

入曽精密、直径10マイクロメートル対応の接触式工具長測定器を商品化

(2017/11/21 05:00)

【川越】入曽精密(埼玉県入間市、斎藤清和社長、04・2934・4633)は、直径10マイクロメートル(マイクロは100万分の1)という極細の工具に対応する接触式工具長測定器「HAGOROMO=写真」を商品化した。従来のバネ式からてんびん構造に変えたことで、工具に与える力の負荷を抑え、わずかな力で位置合わせできるようにした。価格は25万円(消費税抜き)。

工具長測定器はエンドミルなどの工具の高さ位置を調整するのに使う。接触式の構造そのものを見直した。てんびんのように、工具の接地面と測定用ダイヤルの接地面を左右で釣り合わせて位置決めするよう工夫した。

バネ圧で工具を押し付けて測る接触式は、工具径0・1ミリメートル以下で折れる恐れがある。「レーザー計測する高価な光学式があるが、接触式の方が精度が高い」(斎藤社長)として、新型を開発した。

(2017/11/21 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン