経産省、過去最大規模のブースでロボット諸政策をアピール【PR】

(2017/11/27 00:00)

目玉は、システム構築(SI)企業の育成事業

  • 前回(2015年)の経産省ブースの様子

 ロボット利活用社会の創出に向け、国ができることは何か-。11月29日に開幕する世界屈指のロボット技術見本市「2017国際ロボット展」。日本のロボット政策を牽引する経済産業省は、過去最大規模のブースを構え諸施策をアピールする。中でも目玉は、2017年から実施しているシステム構築(SI)企業の育成事業だ。ブースでは経産省から支援を受けるSI企業が、講演や実機展示でロボットの新たな使い方、そして自社の成長戦略を紹介する。

 「ロボットの利用領域を広げるには、SI企業がもっと活躍しないといけない」-。経産省の小林寛ロボット政策室技術総括係長は、こう断言する。誤解されがちだが、多くのロボットは本体があるだけですぐに使えるものではない。例えば工場で使われるロボットなら、周辺機器と接続して動作設定するなど、専門ノウハウを駆使したSI作業が不可欠だ。それ故に、人手不足など社会課題の解決に向け、ロボット普及のカギを握る存在としてSI企業に注目が集まっている。

  • 11/29(水) 経産省ブース 講演スケジュール

  • 11/30(木) 経産省ブース 講演スケジュール

注目の企業や導入事例を紹介

 ロボットSIの需要が膨らむ中、この分野で事業拡大を狙う企業も着実に増えている。生産管理ソフトウエアなどを手がけるトムスシステム(11月29日14時10分~講演)が、その一つだ。同社は経産省と日本ロボット工業会の支援事業を活用し、検査工程を自動化できる新たなロボットシステムを確立した。このシステムを既存の生産管理ソフトなどと組み合わせて提案し、顧客満足度を高める戦略だ。

 システムを構成するのは、垂直多関節ロボット、ステレオカメラ、そして人工知能(AI)の一種であるディープラーニング(深層学習)技術。ロボットが柔軟な動きで次々と製造物を運び、ディープラーニングで外観に問題がないかをチェックしていく。人手不足対応のほか、生産効率向上、作業品質改善といった効果も見込めるという。

  • 12/1(金) 経産省ブース 講演スケジュール

  • 12/2(土) 経産省ブース 講演スケジュール

 一方、各種制御機器などを販売するFAプロダクツ(12月1日14時10分~講演)は、経産省の支援の下、ロボットSI事業の新拠点を栃木県小山市に開設する。パレタイジング(荷積み)やピッキング(取り出し)など、計13種のシステムを展示。ターゲットに据える北関東の物流、食品といった業界の関係者が実演を見られるようにし、自社のSI技術をアピールする。

 数ある展示物の中で注目したいのが、東京大学発ベンチャーであるMUJINの技術を生かしたパレタイジングシステムだ。MUJIN製コントローラー(制御機器)を用いることで、ティーチング(教示)と呼ばれる産業用ロボット特有の動作設定業務が不要になる。ティーチングは専門的な知識・ノウハウが必要なため、省略できることによるメリットは大きい。食品業界などロボットに慣れていないユーザーを獲得する上で、有効な武器になりそうだ。

 経産省ブースではSI企業育成策のほか、ロボットの新たなユーザーを支援する「ロボット導入実証事業」も紹介する。昨今の採択対象で特にユニークなのが、石川県加賀市の伝統工芸品「山中漆器」の事例だ(11月29日13時半~講演)。量産品の塗装をロボットに任せることで、職人は高付加価値品の製作に専念できるようになる。また、熟練職人の技をロボットに正確に再現させ、技能伝承に活用することも狙いだ。

 用いるのは、塗装機器を先端に取り付けた垂直多関節ロボット。導入後、必要な人員は従来の2人から1人になり、作業速度も上がったため生産性は以前の約3倍に高まった。

 こうした伝統産業では、担い手不足が大きな課題だ。ロボットの活用が進めば技能伝承が円滑化し、また職場環境が改善されることで人材確保も進む可能性がある。

 政府が「ロボット新戦略」で目標地点に定める2020年まで、あと2年。SI育成や導入実証など、経産省の施策も徐々に成果を生み始めている。そうした状況下で開かれる2017国際ロボット展。本格的なロボット利活用社会を垣間見る絶好の機会になりそうだ。

2017国際ロボット展 経済産業省ブース

経済産業省 ロボット導入実証事業/システムインテグレータ育成事業

【展示会名】2017国際ロボット展

【日時】2017年11月29日(水)~ 12月2日(土)

【会場】東京・ビッグサイト

【小間番号】IR5-02(会場図はこちら

【講演聴講料】無料

(2017/11/27 00:00)

関連リンク

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン