[ 化学・金属・繊維 ]

KRI、セルロースナノファイバーの新製法 化学処理だけで安価に

(2017/11/23 05:00)

  • 硫酸エステル化CNFの0.3%水分散液と乾燥加工した透明フィルム(手前)

KRI(京都市下京区、田畑健社長、075・322・6830)は、木材パルプを少量の硫酸を含んだ有機溶媒中で撹拌し、セルロースナノファイバー(CNF)に解繊する化学処理「硫酸エステル化法」を開発した。常温下、半日程度の撹拌で90%以上を繊維径5ナノ―10ナノメートル(ナノは10億分の1)のCNFに解繊できるという。膨潤した状態で処理液を水に置換すると、スラリー状のCNF分散液になる。機械処理工程を省き、コストダウンを実現する新製法として技術供与で実用化を図る。

パルプはCNFの表面にある水酸基同士が強固に水素結合し、束になっている状態。硫酸エステル化法は有機溶媒に混ぜた硫酸が水酸基を化学修飾し、その静電反発力を生かしてパルプを解繊していく。

「静電反発によるCNF製法としてはTEMPO触媒酸化(磯貝明東京大学教授らが開発)と、リン酸エステル化(王子ホールディングス)が実用化されており、硫酸を修飾化剤に使う第三のアニオン(陰イオン)性CNFになる」(堀正典取締役常務執行役員ナノ構造制御研究部長)としている。

これまでパルプを繊維径10ナノメートル未満の“シングルCNF”まで解きほぐすには、化学薬品による前処理と機械処理を組み合わせる手法が採られてきた。受託研究機関でもあるKRIは電子顕微鏡により、硫酸エステル化法だけで10億分の1サイズにナノ化できることを確認済み。「従来手法の加工条件や詳細なコストは分からないが、大幅なコストダウンが期待できる代替技術になる」(同)と見込む。

(2017/11/23 05:00)

化学・金属・繊維のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン