[ ICT ]

KDDI、英会話のイーオン買収 VR学習プログラムも検討

(2017/11/23 05:00)

KDDIは22日、英会話教室を運営するイーオンホールディングス(HD、岡山市北区)を買収し、教育事業に参入すると発表した。KDDIの情報通信技術とイーオンHDの独自教材などを組み合わせた教育サービスを提供する。KDDIは物販や電力供給など生活関連サービスの提供体制を拡充しており、イーオンHDの子会社化はその一環。

KDDIはイーオンHDの発行済み株式について既存株主から100%取得する株式譲渡契約を締結した。2018年1月22日をめどに取得する予定。取得額は非公表。

外国語学習の分野では、小学校における英語教科化や訪日外国人観光客の急増に伴うインバウンド需要への対応などがあり、学習需要の拡大が見込まれている。KDDIはイーオンHDの子会社化により、これらの需要を取り込む。将来は仮想現実(VR)技術を活用した英会話プログラムなどの提供も検討する。

イーオンHDは1973年設立。英会話などの語学学校を349校運営しており、16年12月期の連結売上高は273億円だった。

(2017/11/23 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる