[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】東京メトロ、丸ノ内線500形が里帰り 60年前のスタイル再現

(2017/11/27 13:00)

  • 東京メトロが公開した東京と南米の地下鉄を約60年間走り続けた車両「500形」(27日、時事)

社員教育に活用、日本で走行目指す

 東京メトロは27日、1957年に丸ノ内線でデビューし、東京と南米の地下鉄を約60年間走り続けた車両「500形」を都内の車両基地で報道機関に公開した。昨年7月にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから里帰りした車両を補修した。電車の寿命は50年とされ、「還暦」を迎えるのは珍しいという。

 500形は赤色の車体側面に白とシルバーのラインが入ったデザイン。丸ノ内線が開業した3年後の57年11月に登場し、96年に引退。110両がアルゼンチンに譲渡された。ブエノスアイレスの地下鉄では今も一部が現役で走っているが、引退した4両を日本に移送した。

 メトロによると、里帰りした当初、車両はさびだらけでペンキの落書きがひどかった。さびとペンキを落とすことから始め、台車も含めて全てを補修。塗装をし直し、3両を①デビュー時②引退時③アルゼンチン時代―の仕様に再現した。500形を含む車両の一般見学会を来月10日に開くが、予想以上の応募があり、倍率は10倍を超えた。

 里帰りの主目的は若い人に技術を伝えるためだ。コンピューターによる制御が主流の現在と比べ、昔の車両は構造がシンプルなため、教育に適しているという。今後も補修を続け、再び日本のレールを走らせることを目指している。(時事)

(2017/11/27 13:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる